MENU

【診療圏・競合医院調査】診療圏・競合医院調査を行い
何をPRすべきかご提案します

看板を創作する前に、クリニックの特長や、魅力として何をPRすべきかを検討する必要があります。
そのために、当社では地域に住む人々の特性(年齢、性別、昼間・夜間別人口など)と診療圏内で同じ診療科を標榜する競合医院がHPや看板でどんな内容をPRしているかを調査します。

診療圏・競合医院調査を
実施するメリット

このようなことがわかります

  • 1. 患者様をひきつけ、他院よりも選ばれやすくするために看板で何をPRした方が効果的か
  • 2. 貴院の専門性や設備などの強みを地域の患者様にわかりやすくPRするためには、
    どのような内容・デザインがよいか
  • 3. 看板の設置場所や仕様、照明の有無はどうすればよいか
  • 4. 野立て看板による集患を行うためにどこに看板を出すのが効果的か
  • 5. 駅看板をだすべきかどうか、どんな内容を掲載した方がよいか
  • 6. 案内・誘導のための看板を医院以外の場所に出す場合、どこに出した方がよいか

1.診療圏調査

1

診療圏の人口特性を調査レポートに
まとめてご提出

国勢調査による人口データと厚生労働省が発表している受療率データを基にした当社独自の診療圏調査システムを活用し、下記の情報を分析レポートとしてご提出します。

  • どのエリアにどれだけの潜在患者がいるか
  • 診療圏の地域特性(どの年齢層が多く、何人世帯が多い地域なのか)
  • 競合医院の所在地、数、医院からの距離
  • 今後の人口の移り変わりの予測(人口動態予測)
  • 昼間と夜間の人口
診療圏の人口特性を調査レポート
2

現在の新患がどのエリアからきているか分析し
「潜在患者様の多いエリア」を調査

レセコンにある患者様の住所データを当社の診療圏調査システムに入力することで、新患がどこのエリアから多く来院しているのか分析することができます。
そのデータと人口分布、競合医院の分布を照らし合わせることで、医院から近距離で競合医院が少ないにもかかわらず、新患が少ないエリア=「医院が認知されていない可能性が高いエリア」などを調べることができます。
こうしたエリアに野立て看板やチラシを使ってPRすることで、新規の患者様に来院いただきやすくなります。

潜在患者様の多いエリア

〜 当社の診療圏調査は下記3つのデータに基づいて行われています 〜

1. 患者調査 外来受療率データ
厚生労働省

受療率とは、日本全国で1日に病院および診療所にかかる患者数を算定するための基準のことです。
人口10万人に対して、受診している患者数を算出し、割り返した数値で表します。その地域の人口と掛け合わせることで、その地域の診療科別の見込み患者数を算出できます。

外来受療率データ

2. 全国の各市区町村別人口データ
国勢調査

国勢調査をもとにした全国の各市区町村別の人口データが入っています。年齢別、性別、世帯別、昼間・夜間別人口などを出すことができます。
地図上に人口の分布を色の濃淡で表示することができます。

全国の各市区町村別人口データ

3. 全国の病院・診療所の住所・
診療科目データ

全国の病院及び診療所の住所、診療科目データが網羅されており、地図上に緑のマークで表示されます。
2年に1度の頻度で更新されます。

全国の病院・診療所の住所、診療科目データ

2. 競合医院調査

1

同エリアにある
同じ診療科のクリニックを調査・分析

多くの患者様は、他院と比較をして選んだ結果、貴院に来院しています。貴院の診療内容や専門性、医療設備、診療時間などを他院と比べたときに他院にない魅力をPRすることでより患者様から選ばれやすくなります。

<競合医院調査のポイント>

  • 競合医院が地域にどのような専門、特徴をPRしているか
  • 外観から受ける印象はどうか
  • どこに看板を出しているか
  • HPで何をPRしているか
  • 看板の視認性はよいか
同エリアにある同じ診療科のクリニックを調査・分析
競合を比較した例

3. 診療圏・競合医院調査を基に
ご提案したPR一例

  • Case.1

    駅前の内科クリニック

    診療時間で差別化

    近隣の競合医院は平日18時までしか診療していなかったが、クライアントは19時まで診療を行っていたため、仕事帰りの方も来院いただきやすいよう「平日19時まで診療」とPRするようご提案。

  • Case.2

    複数の診療科を持ち幅広い診療を行っていた住宅街のクリニック

    地域の需要が高く、供給が少ない診療科・診療時間をPRし差別化

    地元のタクシー運転手への聞き込みから、土日診療を行っている近隣の小児科が待ち時間2時間以上に上るほど混んでいることが判明。クライアントも小児科を標榜し、土日診療を行っていたため、「土日診療を行っている内科・小児科」という特徴を前面に出して看板とチラシを組み合わせてPRするようご提案。
    チラシ実施、翌々週に来院患者数2倍を達成。

  • Case.3

    消化器内科医の女性院長のクリニック

    女性患者向けに女医による大腸内視鏡検査であることPRし、差別化

    近隣を調査したところ内視鏡検査を実施しているクリニックは2件あったが、両方男性医師だったため、女性患者をターゲットとして「女性医師による内視鏡検査」をPRするようご提案。

ご紹介した以外にも、様々なケースの実績がございますので、お気軽にご相談ください。

クリニック経営セミナー
クリニック経営セミナー
ページ
TOP